2013年12月04日

かけまくもかしこき

先日、神社での挙式にはじめて参加させていただきました!
神社検定の時もお勉強しましたが、参加は初めてで感動しました^^


その際神主さんの祝詞で「かけまくもかしこき・・」と始まりました。
かけまくも?そういえば彼氏ができる祝詞ってことで
以前聞きおぼえがありました。

元ネタとしては
播磨陰陽師である尾畑雁多さんという方の
『強運になる「陰陽師の言霊」CD&DVDブック』に
「彼氏がすぐに出来る」魔法のような言葉として紹介されているという記事を
どこかで数年前に読みました。

その言霊が「かけまくも」です。
恋人が欲しい方は唱えるといいですね!

しかし、この「かけまくも」って祝詞の最初にでてくる言葉なんだな!と
はじめて認識したのでした。
そこで、どういう意味かをネットで調べてみますと
「口に出すのも恐れ多いのですが」という、
神様へ送る言葉(祝詞)の枕詞だということがわかりました。

祓詩(はらえことば:心身を清めるための詩)という祝詞にでてきます。
「掛けまくも畏き 伊邪那岐大神
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
禊ぎ祓え給ひし時に生りませる 祓戸の大神たち
諸々の禍事罪穢有らむをば
祓え給ひ清め給へと白す事を聞こしめせと
恐み恐みも白す」

「かけまくもかしこき いざなぎのおおかみ
つくしのひむかのたちばなのおどのあわぎはらに
みそぎはらえたまいしときになりませる はらえどのおおかみたち
もろもろのまがごとつみけがれあらむをば
はらえたまいきよめたまへともうすことをきこしめせと
かしこみかしこみもうす」

祝詞いいですね〜^^

しかし、何故恋人ができるおまじないになったのかは
ネミにはわかりません。
基本的には、神様にささげる言葉(言霊)は
美しい言葉なので、そういうプラスの波動が
いいことを引き寄せる。
ひいては、恋人も引き寄せるのかなぁ?なんて考えます。

人間って、暗く考えたり嫌なことはすぐ目につくし
マイナスの局面や状況って、考えることが簡単なのだと思います。
しかし、同じ言葉でも現状に無理がない程度にプラスに考えて
プラスの言葉に変換して使用していけば、
波動があがっていく(良い波動になっていく)のではないでしょうか?
素敵な笑顔の人にはそっと近づきたいと思います。
そのようにプラスの出来事がたくさん集まってくれるといいなと思います^^







【 nemissa's website 】
posted by ネミッサ at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。