2017年01月01日

2017年 謹賀新年

昨年は大変お世話になりました。

今年も変わらぬお引き立てのほど
よろしくお願いいたします。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。


2017.01.01. ネミッサ
posted by ネミッサ at 14:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

謹賀新年

昨年中は大変お世話になりました。

2016年も、皆様にとって素晴らしい年になりますように
心よりお祈りしております^^


スピリィも始まりましたね。
たくさんの媒体で皆様とお話できるように
頑張りますのでよろしくお願いいたします^^


2016/01/01 ネミッサより
posted by ネミッサ at 02:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

夢の中の場所

ブログはご無沙汰しております。

皆様には夢の中で必ず行く場所などありますか?
ネミにはあります。

そういう場所や物事や人物というのは、魂の成長の部分とかかわっており
どのように変化していくか?ということが重要になります。

ネミは夢の中で魚をたくさん飼っていて(主に熱帯魚など。淡水魚もいますし海水魚もいます。)
自宅では飼えないので、実家に預けている設定になっています。
今朝の夢にも出てきました。

前回の夢では、5〜7くらいの大きさもばらばらな水槽に
たくさんの魚が入っているのですが、
今回は洞窟の壁みたいなところ(とにかく壁)にはめ込み式の水槽で
しっかりした作りの大きな水槽が5〜7くらいになっていました。
そこにある一つに、3匹の大きめな魚が入っていて(深海魚?)
1匹がどうやらつつかれているようなのです。
観察しているとどうやら片目が白内障のように濁っており
そのせいで少し平衡感覚がおかしいようでいじめられているようでした。
夢の中の実家の母親に「様子をみて、どうしてもいじめられるようなら別の水槽に移すように」と
話しをしていました。

手持ちの夢診断の本には、魚は
物質的・精神的な利益または不利益、無意識の中の思考を意味すると書いてあります。

魚の片目が見えなくなっているので
無意識に行動や考えがアンバランスになっている
ことを示しているのかもしれません。

夢の中の魚が元気になるように、ネミも現実世界で頑張らなければいけませんね!
posted by ネミッサ at 22:49| Comment(0) | 夢診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

2015年 新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

本日から待機開始となります。
今年も皆様のご多幸を心よりお祈りしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2015/01/06 ネミッサ
posted by ネミッサ at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

根津神社に行ってきました

文京つつじまつりということでつつじを見に行ってきました。
今日は大安、晴れて気持ちがいい。GW初日ということで、人もたくさん来ていました^^

根津神社はとても古い神社だそうです。
建物の多くが国の重要文化財に指定されているそうです。

140426_1146~01.jpg

140426_1144~01.jpg

_______________________
根津神社HP(http://www.nedujinja.or.jp/index.html)より引用。 
(2014/04/26アクセス)
http://www.nedujinja.or.jp/main/k4.html
由緒
根津神社は今から千九百年余の昔、日本武尊が千駄木の地に創祀したと伝えられる古社で、文明年間には太田道灌が社殿を奉建している。
江戸時代五代将軍徳川綱吉は世継が定まった際に現在の社殿を奉建、千駄木の旧社地より御遷座した。
明治維新には、明治天皇御東幸にあたり勅使を遣わされ、国家安泰の御祈願を修められる等、古来御神威高い名社である。

○御祭神
須佐之男命・大山咋命・誉田別命 ○相殿 大国主命・菅原道真公

○御社殿
宝永二年五代将軍綱吉は兄綱重の子綱豊(六代家宣)を養嗣子に定めると、氏神根津神社にその屋敷地を献納、世に天下普請と言われる大造営を行なった。
翌年(1706)完成した権現造りの本殿・幣殿・拝殿・唐門・西門・透塀・楼門の全てが欠けずに現存し、国の重要文化財に指定されている。

_______________________


たくさんのつつじ。

140426_1150~01.jpg

140426_1151~01.jpg

140426_1152~01.jpg

140426_1153~01.jpg

140426_1200~01.jpg

140426_1201~01.jpg

140426_1206~01.jpg

つつじを愛で終わったあと続く道にこんなものが。

140426_1209~02.jpg

photo1.jpg

オレンジ色の小さな鳥居がたくさん並んだ先には、中くらいの?稲荷神社がありました。

稲荷神社へ行く途中にこれが!
140426_1211~02.jpg

140426_1211~01.jpg

この石の下には当時の慣習により六代将軍家宣公の胎盤がおさめられているそうです。
面白い慣習ですね〜。

この神社に来て感じたことは、
箱根神社や大宮神社、地元の神社などとくらべて全く雰囲気が違うということです。
上記の神社は明るく静かで、穏やかな中にもピンと張りつめた雰囲気がありました。

しかし、この神社は陽気なのです^^
お祭りをやっていたせいもあるかもしれないし、今日のいいお天気のせいもあるかもしれません。
小さな活気と陽気さがある神社だなぁと感じました。
神社ごとに違う雰囲気がありますね〜。
こういうのがパワースポットの波動なのかなと思います。

これからも機会があれば色々な神社に行ってみたいと思います。
どんな雰囲気なのでしょうね^^
posted by ネミッサ at 21:22| Comment(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。